いつでも簡単に、家庭で食材を真空パックにできちゃう真空パック器!各社から発売されている真空パック機を徹底比較でランキング!

真空パックんPlus


フレッシールド


フードセーバー


フードシーラー


CCP真空パック器

■サイトから抜粋
真空パックが家庭でお手軽に、そして経済的に作れます。お肉やお野菜などの食材を、鮮度はそのまま!長く保存することができます!また、大切な写真や、ペットフードの保存など、使い方はあなた次第でどんどん広がります!>>続きはコチラ
■画像
 
 
 
 
本体(付属品)
 
付属品
 
お米保存
 
ニンジン

■価格 10,800円 ■サイズ 幅40.1×奥行19.0×高さ9.2cm  重量2.0kg
■セット内容  

● 本体×1
●お試しスーパーロール大1本(28cm×3m)
●お試しスーパーロール小1本(20cm×3m)
●キャニスター大(1,400ml)×1
●ボトルストッパー×1

■消費電力 130W
■消耗品一覧 取替ロール、キャニスター、交換パッキンなど。 ■販売店 コチラから

替えロール小

2本セット(小) 6,7891円
1本あたり746円

2本セット(大) 1,697円
1本あたり849円

4本セット(大2本・小2本)3,065円
別々で買うより123円お得

10本セット(小) 1,491円
1本あたり679円

10本セット(大)7,817円
1本あたり782円


■動画
■作業音(音の静かさ) 脱気時の音はあるものの、シール(密封)時の無音には高評価ですね。
■パワー(吸引力) 他の機種に比べてもパック後の密着感がしっかりしていました。
■ラクラク度 ロールカットが本体についてるから、作業が楽でした。またシール時間も他の機種に比べて短く感じました。
■価格 お試しロール大×1、お試しロール小×1、ロールカット一体になっているのでお得感あり

■感想
ロールカットが本体と一体型になっていて、とても使いやすかったですね。実際、ハサミでロールをカットすると斜めになったりして、シールする際にすごく 不憫に感じることが多かったので高評価。また、シールをする際の無音には感動しましたよ!シール時間も「長め」、「短め」と選べるので、専用のロール以外でもしっかりシールすることができました!必要な機能だけがちゃんとついていて、この価格はかなり満足です。ちなみに私は色々な機種を試したり、見させてもらった結果、この機種に決めました!

真空パック器を選ぶ上で、ランニングコストが重要になってきます。その点、こちらのお店はロールがお安めですね。品質も問題なかったです。
フードセーバーのロールと非常によく似ていました。ほぼ同じと言ってもいいでしょう。 レビューを見ると、付属のロールは慣れなくてすぐに使ってしまうので、一緒にロールを買うのがおすすめのようです。

購入に至った理由をまとめてみると、

ロールカットが本体内蔵で、作業の手間はかなり省けますね。ハサミでカットするとまずまっすぐ切れなくて面倒ですね。
・脱気時は音はあるけど、他の機種と比べてみて、シール時の無音はすごく感動的!
・脱気の力がすごいのか、真空後の状態が一番ピタっとしていました。
シール時間を選択できることで、専用ロール以外も対応できること。
・なによりも付属品のラインナップが豊富でが安くなっている!

これだけ条件がよかったので、この機種を買いました~。日々真空パックして節約に努めてマス


◇販売店はコチラ


■価格 19,800円 ■サイズ /幅413mm×奥行164mm×高さ100mm 重量約2kg(ストア アンド カット含む)
■セット内容 ●マシン本体x1
●パックロール大x1
●バック小x10
●キャニスター中x1
●真空ボトルストッパーx1
●アクセサリーホースx1
■替えロール 価格 ●ロール大×2
(幅28cm×5.4m)
税込2980円


●ロール小×2
(幅20cm×6.7m)
税込2980円

■消費電力 150W ■販売店  コチラから
 
■画像
 
 
 
 
本体
 
開蓋時
 
キャニスターと付属品
 
ロールと袋
 
 
■作業音(音の静かさ)

シール時、脱気時ともに音はそこそこ大きめで気になりましたね。

■パワー(吸引力) 一般的な食材を試して困ることはありませんでした。パワーは全体のNo.2ってところでしょうか。
■ラクラク度

シール時、脱気時ともにボタンを押しっぱなしにしなきゃいけないのは、ちょっと不便でしたね。

■価格 付属品は結構充実はしてるけど…、やっぱり気軽に手を出せる価格ではないかな。
■感想
デザインは結構好きなんですが、作業時にボタンを押しっぱなしっていうのはちょっと面倒に感じちゃいましたね。あとはシールの時も脱気の時も音が大きかったですね。パワーは強かったので、真空後もピシッとした状態で良かったんですが、値段が高めかなということで第2位ですね。

購入に至らなかった理由をまとめると、

・シール時、脱気時の音の大きさ。
・作業時にボタンを押していなければならない。
・やっぱり値段が高い!

◇販売店はコチラ


■価格 15,000円⇒9,765円 ■サイズ 幅370mm×奥行150mm×高さ65mm 重量2.1kg
■セット内容 ●ロール大
(幅28cm×30.0cm)
■替えロール価格 ●ロール大
(幅28cm×0.0cm)
税込3,500円

●ロール小
(幅20cm×60.0cm)
税込3,000円
■消費電力 100W ■販売店 コチラから
■サイトから抜粋
食品を脱気保存して節約上手に!脱気保存すれば、食品を新鮮なまま長期保存できるので、大量の買い置きもOK!食費が賢く節約できます。>>続きはコチラ
■画像
 
 
 
 
本体(付属品)
 
付属品
 
豚肉(トンカツ用)
 
アスパラガス
 
■動画
■作業音(音の静かさ)

シール時、脱気時ともに、作業音は大きめですね。

■パワー(吸引力)

さほど弱さは感じませんでしたが、水分を含んだ食材を脱気するときの、パワーが少し弱く感じました。

■ラクラク度 ロールをハサミで切らなきゃいけないのは、やっぱり面倒!
■価格 キャニスターはついてないけど、やっぱり1万円以内は嬉しい価格!
■感想
不憫だなぁ~って感じたのはやっぱりロールをハサミで切らなければいけない点ですかね。 あとは作業音がシール時にも変わらず出るのもどうかなって感じでした。ただ本体サイズは他の機種より薄いので、収納は助かります!そして、やっぱり価格が1万円を切っているのは、主婦としては嬉しいですね。

購入に至らなかった理由をまとめると、

・ロールをハサミで切る作業が面倒。
・脱気時、シール時のともに出る音の大きさ。
パワー不足と感じた。

◇販売店はコチラ


■価格 定価15,800⇒特価13,800 ■サイズ 幅380mm×奥行158mm×高さ77mm 重量2.2kg
■セット内容 ●ロール袋(大)×2本
(幅27.9cm×3m)
●ロール袋(小)×2本
(幅20.3cm×3m)
●キャニスター大×1
1650ml
●キャニスター小×1
910ml
●ロール袋用カッター×1
■替えロール価格 ●ロール(大)×3
(幅27.9cm×長さ3m)
価格3,999(税込)

●ロール(小)×3
(幅20.3cm×長さ300cm)
価格3,500(税込)
■消費電力 185W ■販売店 コチラから
■サイトから抜粋
袋の中の空気を強力に抜いてからしっかり密封することで、食品の酸化を抑えて鮮度をキープ。湿気や虫からも守り、使用しないで保存した場合と比べて、貯蔵寿命を大幅に伸ばします。さらに密封後の袋は冷蔵室や冷凍室に入れて保存できます。>>続きはコチラ
■画像
 
 
 
 
本体(付属品)
 
付属品
 
焼豚
 
紅鮭
 
 
■作業音(音の静かさ) シール時、脱気時ともに、多機種と比べて中くらいでした。
■パワー(吸引力) 一般的な食材を試してみて困ることはありませんでした。脱気の強さはちょうど中間くらいでしょうか。
■ラクラク度 シール時、脱気時ともに、フタを抑えた状態で作業をしなければいけないのがちょっと苦労しますね。
■価格 機能面からみたら、価格は少し高めですね!

■感想
シール時、脱気時にフタを抑えた状態のままキープしているのはしんどかったですね。
操作は説明書がいらないほど簡単で、本体は結構コンパクトだから収納も場所をとらないですね。あとは値段でがんばってほしいカナ!


購入に至らなかった理由をまとめると、

作業時にフタを抑えた状態が面倒。
・どちらとも言えないパワー
・機能に比べて、値段が高い!

◇販売店はコチラ



■価格 8,480円 ■サイズ 幅345mm×奥行150mm×高さ75mm 重量2.2kg
■セット内容 ●ロール大(10枚入)
(幅28cm×34.5cm)
●ロール小(10枚入)
(幅20cm×25.8cm)
■替えロール価格 ●ロール大(20枚入)
(幅28cm×34.5cm)
税込1,428円

●ロール小(20枚入)
(幅20cm×25.8cm)
税込1,113円
■消費電力 120W ■販売店 コチラから
■サイトから抜粋
真空パック保存は 空気(酸素)を抜いてしっかり密封するので、食品の酸化を抑え、鮮度を保ちます。圧縮してパックするので冷蔵庫・冷凍庫の省スペースになります。液モレやにおい移りを防止します。野菜をゆでるなどのした処理をしてから保存したり、自家製ソースなどの作り置きなどに最適。手間のかかる料理の時間短縮にも。続きはコチラ
■画像
 
 
 
 
本体(付属品)
 
本体(開封時)
 
ロースハム
 
ロースハム
 
■動画
■作業音(音の静かさ) 作業音は他の機種に比べて小さめでした!
■パワー(吸引力) 一般的な食材で試して困ることはなかったです。水分が多いものを脱気する時にパワー不足を感じました。
■ラクラク度

シール、脱気が上手にいかないことが結構ありました!シールできたと思ったら空気が入ったりとか。

■価格 価格は確かに安いけど、機能的にいまいちだったので、3の評価ですね。
■感想
脱気とシールがあまり上手くいかない(値段が安いから??)!やり方もあるんでしょうけど、脱気して、シールしたあとにすぐ空気が入っちゃったりすることがあったので、第6位ですね。あとは専用袋が結構大きくて、少しもったいない気がしました。他メーカーさんのようなロール式の方が良いカモ。私には色々不憫に感じることが多かったですね。

購入に至らなかった理由をまとめると、

・脱気、シールの作業が何度か上手くいかなかった。
作業後に空気が入ってしまう(シール不足?)ことが多かった。
・専用の袋がロール式の方がよかった。

◇販売店はコチラ
※主婦友達18人調べ

|運営者情報|調査について|

Copyright(c)2010 sinquupac.All rights reserved.
inserted by FC2 system